男の肌 日ごろのお手入れどうしてる?

40才を過ぎ、鏡を見ている自分の姿が気になり始めました。

 

髪の毛と肌。

この2大コンプレックスは、どうにかならないものなのでしょうか?
この記事では、可能な限りいい環境の肌を取り戻すべく、どのようなことをやっいけばいいのか?やっていくべきなのか?自分への戒めも込めて、まとめていきたいと思います。では行きましょう。

 

肌にとっての“いいお手入れ"を習慣にしよう

何ごともそうですが、毎日続けることこそ、最強でナンバーワンです。
継続できるかどうか?がその人の人となりを作るうえで、大事になってくることですね。

 

まあ、言うは易しで、言うだけならだれでもできるんですけどね。
行動を起こすこと、それを継続的に行うこと。こそが、まねのできない唯一無二を作ることができると思っています。

 

じゃあ、どうやってそんな継続をつくることができるのか?それは習慣にすること。

 

習慣
シュウカン
Shuuikan
です。

 

肌ケアに対しては、自分の肌の調子を毎日チェックする。
そして、肌が欲っしているお手入れをしてあげることが、肌をキレイに保つために大事なことの一つです。

 

基本的な肌ケア(洗顔、マッサージ、美容液、化粧水など)に加えて、ピンポイントケア(シミケア、シワケアなど)も必要に応じてプラスしてみてください。

 

大事なのはこのキーワード、毎日鏡を見て、お肌の調子を見る。話しかけて会話をする感じでケアをすること。これが大事なことです。

 

自分の理想になったイメージを思い浮かべて、オール前向きに取り組む

言霊。という言葉を私は信じています。

 

自ら発した言葉には、魂が宿っており、それは現実化する。というようなものだと、私は捉えています。

 

言霊と似たような感じですが、思っているだけでも私は声に出さなくてもそれは現実に近づくものと思っています。

 

強い想いを持つことで、対象の方から近づいてくれるというか、そのようなことも起きるんじゃないかと思ってます。

 

お肌ケアも同じで、肌にどうなってほしい。という想いを持ち、理想の格好をイメージして毎日過ごすことは大事なことです。

 

明日、明後日はどうなっていたいか?
1か月後、半年後、1年後、どうなっていたいか? 生物学上無理な領域かもしれませんが、その理想をずっと持ち続けることこそが、解決につがります。

 

モチベーションは高く持つようにしましょう。

 

より、格好よく、自分らしく生きるためには、理想像をもって前向きに・モチベ―ティブに日々を過ごすことが大切です。

 

今もし底辺に居ても、常勝思考ののイメージをもってとりくむことで、よいハーモニーを生むことでしょう。

 

シミのワンポイント対策で、ピールショットという医薬部外品があるそうですが、その評判は上々のようでこのサイトで紹介されていました。ぜひこんなページもチェックしてください。

123123123